Achievement / 事例

T-ARCHIVEは1,000社以上の企業様に、デジタル化に関する適切な方法をご提案し、長期的なデータ管理に対する提案をしています。

  • 書籍のデジタル化
    一般社団法人様所有の会報誌から、大学の研究論文、雑誌のバックナンバー、重要文化財など多数の貴重書を、年間100万ページ以上デジタル化しています。
  • 書籍の原本保管
    また、公官庁所有の貴重書を含め300万点以上の作品や書籍等をお預かりしています。
  • 現在までに弊社をご利用頂いたお客様

    重要文化財

    宗教法人臨濟寺様

    T-ARCHIVE 事例 宗教法人臨濟寺様
    電子化概要
    静岡県指定重要文化財「鉄山和尚語録」の電子化、白文(レ点などのない漢文)作成、自治体への書籍の移動手配など
    課題テーマ
    徳川家康が幼少期を過ごした静岡県の臨済寺様が所有する静岡県指定重要文化財「鉄山和尚語録」の劣化を防ぐために電子データ化して保存すること。また、書籍の本文が読めるよう書物の中身の白文(レ点などのない漢文)を作成すること。
    解決策
    裁断せずに電子化できるオーバーヘッド型の書籍専用スキャナーを使用し重要文化財を電子データ化。また、専門家の力を借り書物の白文(レ点などのない漢文)を1年がかりで作成。「鉄山和尚語録」は現状態を維持したまま元の場所に返却し、電子データとして原本に触れずとも容易に見ることが可能に。

    社内報

    株式会社WOWOW様

    T-ARCHIVE 事例 株式会社WOWOW様
    電子化概要
    「社内報」 総数286冊(創刊号~第267号) の電子化、OCR処理
    課題テーマ
    WOWOW様の歴史やこれまでの施策、その当時の会社のビジョンと言った情報を社員全員で共有できる財産にすること。また、社内報は1部しかないため裁断せずに原本の状態を維持したまま電子化できること。
    解決策
    裁断せずに電子化できる専用のスキャナーを使用し紙ベースの社内報を電子データ化。また、OCR処理を施すことにより紙の書籍では出来なかった書籍本文の検索を実現。社内イントラネットで公開することで全社員が共有できる財産に。